有酸素運動の基礎知識

ジョギングする女性 アミノ酸ダイエットとは?

ジョギングする女性アミノ酸ダイエットで重要な役割を果たす有酸素運動。
有酸素運動は脂肪燃焼に最適な運動方法としてここ数年で飛躍的に世間での認知度が高まりましたが、具体的にはどんなものなのか、改めて考えてみましょう。
ちなみに、英語表記は「Aerobic Exercise」。エアロビック・エクササイズと呼びます。

有酸素運動ってなに??

有酸素運動とは、その名の通り、多くの酸素を体内に取り入れながら長時間行う、乳酸を発生させない(疲れが生じない)軽めの運動の事です。
体内に多量の酸素を取り込むことによって体内の糖や脂肪を燃焼し、それをエネルギーへと変換します。
この、酸素を取り込むという事がポイントです。息が上がらない程度に抑える必要があります。息が激しく、自分の能力の限界点まで行うほどの運動は無酸素運動になってしまい、燃焼効果は得られません。当然ですが、乳酸が貯まるので長時間続けることも出来ません(普通の人には)。
無酸素運動に比べると、脂肪燃焼効果は高いですが、無酸素運動で得られる瞬発力に優れた筋肉を向上・生成させる効果は少ないです。
それに、無酸素運動が糖質の燃焼割合が高いのに対し、有酸素運動は糖質より脂肪の燃焼割合の方が高いのも大きな特徴です。

有酸素運動の種類

主だったところで見てみると、

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング
  • 水泳
  • サイクリング
  • ヨガ
  • エアロビクス

などがあります。
いずれも、老若男女問わず幅広い性別・年齢層で親しまれているものですね。
ただ、先に触れたとおり、脂肪燃焼効果を意識するのであれば、あくまで十分に酸素を取り込むことが出来る範囲で行うことが重要です。何度も言いますが、あまりハードに行うと限りなく無酸素運動に近いものになってしまいます。

有酸素運動で鍛えられる筋肉

有酸素運動は脂肪燃焼効果に優れるが、筋肉は鍛えられないと思っていらっしゃる方が多いですが、これは間違いです。
有酸素運動でしっかり筋肉は鍛えられています。
有酸素運動で鍛えられる筋肉は遅筋と言います。
遅筋とは、無酸素運動で鍛えられる筋肉、速筋とは真逆の性質を持ちます。
速筋が太く大きく肥大した、瞬発力に優れた筋肉なのに対して、遅筋は細く小さい、持久力に優れた筋肉です。
なので見た目には、筋肉凄いですね~とはなりません。しかし、しっかり筋肉はついているのです。
外国のモデルやセレブなどは、この遅筋を鍛えている人が多いそうです。
有酸素運動で脂肪燃焼し、同時に細くキレイな筋肉をつけることによって美しい体型を保っているのです(うらやま~( ..)φメモメモ)

まとめ

では、有酸素運動の簡単なおさらいです。

 icon-check-square-o 有酸素運動は酸素を十分に取り込める範囲で行う事で脂肪燃焼効果が得られる 

 icon-check-square-o 乳酸が生じないので、長時間の運動が可能である 

 icon-check-square-o 有酸素運動においても筋肉はしっかり鍛えることが出来る

 icon-check-square-o 美しくスリムなモデル体型を作るのに適している

脂肪燃焼効果にすぐれるうえに、筋肉も鍛えることが出来る、まさにダイエッターの強くて頼もしい味方って感じですよね!(^^)!

 

コメント