アミノ酸ダイエットと有酸素運動の相乗効果

ストレッチをする女性 アミノ酸ダイエットとは?

ストレッチをする女性アミノ酸による脂肪燃焼効果は、有酸素運動と組み合わせることによって、最大の効果を発揮します。
例えて言うならば、アミノ酸が炎の威力を増幅させるガソリンで、有酸素運動は実際に炎を燃やすライターといったところでしょうか。
モノ(脂肪)を燃やすために最もガソリンが染み渡る快晴の日に(空腹時)ガソリン(アミノ酸)をまき、染み渡ったところ(摂取後約30分)でライター(有酸素運動)によって点火し、脂肪という名のモノを燃やす。
しかし、この過程で少し厄介なことがあります。

有酸素運動による脂肪燃焼効果が発揮されるまでのタイムラグ

有酸素運動で炎に点火し、脂肪が燃え始めるまでには時間差があるのです。
有酸素運動によって脂肪が燃焼し始めるのは、有酸素運動開始後約20分後なのです。ですから、運動開始後20分までは脂肪燃焼効果は無いという事になります。
いえ、正しく言えば脂肪燃焼効果はあるけど、効率が良くないと言い換えた方が正解ですね。
まず、説明しておかなければならないのは、脂肪は直接有酸素運動によって燃焼されるわけではなく、遊離脂肪酸という物質に分解してから燃焼するという事と、運動によって消費されるエネルギー源は、脂肪だけではなく、体内の糖も使用されるという事です。
システムはこうです。

有酸素運動を始める

体脂肪を遊離脂肪酸に分解し始めるが、まだ分解効率が悪いので脂肪より先に体内の糖を多く使ってエネルギーを消費する。

約20分後、ようやく遊離脂肪酸の分解が軌道に乗り、脂肪燃焼効果が高まってくる

有酸素運動に必要なエネルギー源の占める割合が脂肪と糖で逆転し、脂肪燃焼効果がより活性化される

つまり、有酸素運動開始後約20分までは、車で言えばアイドリング状態のようなものと言えるでしょう(アイドリングではあまりガソリン(脂肪燃焼)使いませんよね)

有酸素運動はどれくらいやったらいいの?

運動を開始してから約20分でアイドリング状態を終え、脂肪燃焼効果が高まり始めますので、最低20分以上、出来れば30~40分がベストですが、例え5分~15分位でも効率が悪いだけであって、脂肪燃焼効果は得られます。
時間に余裕がある人や、モチベーションの高い人、体力的に自信のある人などはそれ以上やってもいいですし、当然その分脂肪は燃焼されます(わたしは無理ッス)

まとめ

 icon-check-square-o 有酸素運動による脂肪燃焼効果は約20分後から本領発揮

 icon-check-square-o 例え少しの時間でも効率が悪いながらも脂肪燃焼効果はある 

 icon-check-square-o 理想は30~40分の有酸素運動

アミノ酸の摂取も、有酸素運動も単体でやるより、組み合わせる事で相乗効果を発揮し、より効果を増すということですね♪

 

コメント