基礎代謝とダイエットの深イイ話(?)

海辺の女性 アミノ酸ダイエットとは?

海辺の女性基礎代謝とは、わたしたちが1日何もしない状態で消費するエネルギーの事で、単位はキロカロリー(kcal)で表されます。
基礎代謝は簡単にいうと、わたしたちが生きていくうえで必要不可欠なエネルギー源のことです。
例えば、心臓を動かしたり、血液を循環させたり、呼吸をしたり、体温を維持したり・・・・そんな、わたしたちの生命を維持するために必要なものなのです(光熱費や携帯料金で言う基本料のようなものですね)

基礎代謝のエースは筋肉!!

下の図をご覧ください。

基礎代謝量内訳

これは、基礎代謝における、部位別のエネルギー消費量です。
注目してほしいのが、基礎代謝の内訳における、筋肉と脂肪の割合です。
筋肉が22%で1位なのに対して、脂肪はわずか4%で筋肉のわずか5分の1以下だという事です。
例えて言えば、(株)基礎代謝という会社の中において、筋肉は売上成績トップの優秀社員、脂肪は売上ビリのお荷物社員という図式ですね。

太りにくい体質、痩せにくい体質は基礎代謝に関係あり

基礎代謝は、わたしたちが何もしていない時、例えば睡眠中や寝そべってテレビを見ている時でも消費され続けているカロリーです。
わたしたちの普段の生活習慣に関係のない部分での消費カロリーなのです。
例えば、必死に運動している人、してない人。仕事で体を動かす人、デスクワークの人。通勤で徒歩30分の人、マイカー通勤の人・・・・そんなそれぞれのライフスタイルには関係なく、どんな条件でも必ず消費されるべきカロリーです(性別・年齢・体重によっては変わりますが)
例えば、30歳から49歳までの基準体重(52.7k)の女性の一日あたりの基礎代謝量は、1140kcalと言われています。このうち、筋肉は約250kcalを消費しているのに対し、、脂肪はわずか45kcalしか消費していないことになります。
つまり、筋肉量の多い人は何もしなくても多量のカロリーを消費し、逆に脂肪の多い人はカロリー消費が少ないのです。
あなたの身の回りに太らない体質の人っていませんか?
運動もそんなにしてないのに、いくら食べても飲んでもあまり太らない人です(うらやましい限りッス・・)
こういう人は基礎代謝が高い人が多いです。体内の脂肪の割合が低く、筋肉の割合が高い人です。
逆に筋肉割合が低く脂肪割合が高い人は、基礎代謝量が低くなるため、ダイエットを頑張っても痩せにくくなってしまいます。
体内の脂肪を燃焼して減少させ、筋肉量を増やせば、基礎代謝のアップによって太りにくく痩せやすい体質へと体質改善を図ることが出来るということですね。

基礎代謝のまとめ

 icon-check-square-o 基礎代謝は人間の生命維持に必要不可欠な消費エネルギー 

 icon-check-square-o 基礎代謝に占める割合は筋肉が脂肪の5.5倍 

 icon-check-square-o 脂肪を減らし、筋肉を増やす事で太りにくく痩せやすい体質に

基礎代謝を向上させることで、日常の消費カロリーをアップさせ、太りにくい体質へと改善するということは、ダイエット後のリバウンド防止にもつながることですよね(^^♪

コメント