非必須アミノ酸

青と白のバラ アミノ酸って?

青と白のバラわたし達の体の中のタンパク質構成アミノ酸20種類のうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸、合成できるアミノ酸11種類を非必須アミノ酸と呼びます。

必須アミノ酸については↓を参照してください
必須アミノ酸はみんな出来るコなんです
必須アミノ酸の優秀な三つ子たち

必須アミノ酸と違い体内で作ることが出来ますが、必須アミノ酸と同様に優れた働きを持つものばかりなので、やはり不足しないようにバランスよく摂取する事が大切です。

非必須アミノ酸11種類について簡単に説明していきましょう。

アスパラギン

肉類、牛乳、アスパラガス、豆類や玄米に多く含まれます。
エネルギーを生産したり、疲労回復効果、持久力の向上を促します。

アスパラギン酸

アスパラガス、豆類などに多く含まれています。
肝機能の維持改善や、利尿作用や老廃物除去など新陳代謝促進に大きな働きをします。

アラニン

イカや雲丹、帆立、シジミなど魚介類に多く含まれます。
免疫力のアップに効果があり、他にも糖質の代謝による脂肪燃焼効果を促進します。

アルギニン

子牛肉、牛乳、大豆、玄米やエビなどに多く含まれています。
成長促進作用があり、成長期の子供には十分な摂取が必要な「準必須アミノ酸」です。他には免疫力向上効果や、アンモニアを取り除く効果などもあります。

グリシン

かにやエビ、イカ、帆立など魚介類に豊富に含まれています。
抗酸化作用により、血液をサラサラにする他、コラーゲン生成による美肌効果や、安眠作用があります。

グルタミン(グルコサミン)

世田谷育ちの~のCMでおなじみのアミノ酸ですね(笑)
肉類、特にレバーに豊富に含まれ、魚介類にも含まれています。
筋肉中に多く含まれたアミノ酸で、筋肉の合成機能に大きく関わっています。他に胃腸粘膜の強化や消化吸収の促進効果もあります。

グルタミン酸

大豆やレバー、落花生などのナッツ類に多く含まれています。
アミノ酸合成の補助作用を果たすアミノ酸です。疲労回復やアルコール依存症を抑える効果などがあります。

シスチン(システイン)

これも最近、化粧品などの広告やコマーシャルでよく耳にする有名なアミノ酸ですね。
魚介類や大豆、トウモロコシ、や玉ねぎなどに豊富に含まれます。
メラニン色素の生成を抑える効果があり、紫外線によってダメージを与えられた皮膚の回復作用や活性酸素の除去による体の抗酸化作用があります。

セリン

大豆や小麦粉、イクラなどに多く含まれています。
グリシンを生成する事によってお肌の保湿を高める効果があります。さらに、神経物質の伝達を助ける働きによって脳細胞を活性化させる作用もあります。

チロシン

卵やチーズ、大豆、トウモロコシなどに多く含まれます。
アドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質を作り出すことによって、脳の機能向上を促進します。ストレスの軽減やうつ病予防などの効果もあります。

プロリン

ゼラチンに多く含まれているほか、豆類、小麦粉やイカにも豊富に含まれています。
コラーゲンを構成するアミノ酸で、修復する役割もあります。コラーゲンの代謝促進によって、皮膚を守る働きをするほか、脂肪燃焼によるダイエット効果もあります。

以上が非必須アミノ酸全11種類です。
いかがですか?必須アミノ酸に勝るとも劣らない優秀なコばかりですよね。
ぜひ、非必須アミノ酸もバランスよく摂るようにしたいですね(^_-)-☆

コメント