アミノ酸BCAAの秘めたる力

マッチョ男性画像 アミノ酸って?

マッチョ男性画像必須アミノ酸のイソロイシン、バリン、ロイシンの3つの栄養素をBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼びます。英語でこの3種類の分岐鎖アミノ酸のことを「Branched-Chain Amino Acids」と呼び、この4単語の頭文字をとってBCAAと言われています。
このBCAAですが、体の中の必須アミノ酸のうちの約40%を占めています。筋肉の中のたんぱく質における必須アミノ酸のうちのおよそ35%を占め、哺乳類が必要とするアミノ酸のうちの約40%を占めています。
なんかわたしにもよくわかりませんが(え?)、要は「マザーオブほ乳類」ってことですかね(ちょっと違うか?)

アミノ酸BCAAの特徴

小学校の家庭科の授業で習った記憶もうっすらある方もいらっしゃるかもしれませんが、タンパク質はわたし達の体の肉や血になると教えられました。まさに、人の肉や血、内臓を作り出すのがタンパク質であり、そのタンパク質の原材料となるのが、アミノ酸なのです。
つまり、わたしたちの体の原材料がアミノ酸であり、わたしたちの体はアミノ酸で出来ているといっても過言ではないのです。
BCAAが他の必須アミノ酸と決定的に違うのが、分解と代謝が筋肉の中で行われるという事です。
つまり、BCAAは筋肉を合成するために必要不可欠な栄養素であるという事なのです。

アミノ酸BCAAの効果

BCAAは筋肉を作るうえで欠かせない栄養素でありますが、具体的にはどのような効果を発揮するのでしょうか?
みなさんは乳酸ってご存知ですか?
名前はよく聞くと思いますが、運動したりスポーツをしたりすると疲れますよね?あれは乳酸が溜まるためです。つまり、乳酸とは疲労物質のことを言います。
BCAAにはこの乳酸の発生を抑制する効果があります。つまり、運動やスポーツをしても疲れにくくなるということです。疲れにくくなるということは、すなわち長時間の運動やスポーツにも耐えられる持久力がつくという事になります。

さらに、筋肉の損傷を予防する効果もあります。
ちょっと激しい運動をしたりトレーニングしたりすると、翌日やその明くる日に体の筋肉が痛むことってありますよね。いわゆる筋肉痛ってやつです。この筋肉痛は、運動やスポーツ、トレーニングによって筋肉が損傷するために起こります。
BCAAはこの痛んだ筋肉を回復させる働き、筋肉が痛むのを予防する働きもあります。

まとめ

以上の説明をザックリまとめると

 icon-check-square-o  BCAAとは筋肉を作るために必要不可欠な栄養素

 icon-check-square-o 乳酸の発生を抑制する事により、疲れにくくなり、持久力もアップする

 icon-check-square-o 筋肉損傷の回復・予防効果により、筋肉痛を和らげる

という事になります(ホントにザックリすぎてすみません)

イソロイシン、バリン、ロイシンのアミノ酸BCAAってホントにいい働きしてますよね♪

コメント